株式会社ベティスミス

1417
2017年 第1回更新認定

株式会社ベティスミス
岡山県倉敷市児島下ノ町 5-2-70
TEL:086-473-4460
https://betty.co.jp/

国産ジーンズの聖地、岡山県倉敷市児島にひと際全国から注目を集めるジーンズメーカーそれがベティスミスである。ベティスミスは積極的に新しいことに取り組んできた。業界のパイオニアとして「初づくし」の会社である。

特徴・差別点は次の通り

1. 「日本初」を生み出し続ける挑戦の経営

  • 1970年業界で初めてレディースジーンズのブランドを立ち上げた。それまでジーンズに男女の区別はなく、女性も男性用をはいていた。女性の体型を考慮して作られた ジーンズは、本場アメリカにも日本にもなかった。
  • 1973年ウエストにフィットしやすい「カープベルト」を開発(業界初)。レディース用として半円を描くように、やや丸みを帯びたものに改良した。
  • 1980年他社に先駆けてディナージーンズを開発。ホテルでのジーンズ着用が認められるようになった。
  • 2002年小学生の工場見学のお土産に、製造後に出る端材を使ってジーンズ小物(ECOBETTY)をつくる。県内観光エリア、サービスエリア、駅、空港、新幹線車内販売と今迄に無い販路に進出。
  • 2003年日本初のジーンズ資料館「ジーンズミュージアム」建設。現在年間5万人が来場する。また同年、業界初のオーダージーンズシステムを始める。2万人の実績は他社の追随を許さない。
  • 2010年日本初の体験型ジーンズを開発。気軽に自分だけのジーンズが作れるのと釦打ちが出来るのが楽しめると好評。
  • 2017年日本初デニムこいのぼりを設営(徳永こいのぼりとコラボ)。

2. 地域を巻き込んだ「産業観光」への挑戦

上記のジーンズミュージアムをヴィレッジにまで拡大、2014年国産ジーンズの歴史と技術をテーマとする「国産ジーンズ館」も開設。2016年同社で買い物をしたお客様が周辺施設(食事処・サービスエリア)で特典が受けられるデニムレシートキャンペーン開始。2017年には本社敷地内にショールームショップオープン。さらにガーデンを整備して一般開放、観光客に加え地元の方にも利用いただくなど地域にも貢献。

3. 大手観光関連企業とのコラボレーション企画

オーダージーンズがJR西日本のおあつらえツアーに採用、エコベティーが広島熊野筆と新幹線車内販売で採用されたり中国東方航空のノベルティーに初めて採用、体験型ジーンズがじゃらんで予約可能に、そしてJALパック、JTBツアー、るるぶの旅行プランにオーダージーンズやジーンズ作り体験が採用され観光ルート化する。

数々の「初」で文化を発信してきた同社だが、国内最古のジーンズ工場が今も稼働しベテラン職人に活躍の場を提供。この温故知新による次の「初」に期待が集まる会社。