伊部株式会社

1619
2019年 第1回更新認定

伊部株式会社
大阪府大阪市中央区谷町 2-4-5
TEL:06-6941-3300
http://ibe-kk.com/

SINA COVA SHOP

「SINA COVA」を作っている伊部株式会社は1921年に創業、代々続く服地卸業を営み、1990年頃からアパレル事業へと徐々に方向転換を図ってきた。リーマンショック後の2009年、大きな決断に迫られた同社は不要ブランドの撤退、在庫処分、粗利益主体の経営へと大きく舵を切った。2013年には完全に服地卸から撤退、翌2014年はライセンスブランドとして展開してきたマリンウェアの「SINA COVA」を、自社ブランド化した。大阪を拠点に全国で10店舗の直営店を展開、通信販売、卸販売も行っており、マリンウェアの分野、特にレジャー用船舶(クルーザー、ヨット等)の衣料としては船舶オーナーの強い支持を得ている。

特徴・差別点は次の通り

1. 海に特化した衣・食・住・遊のトータル提案業

「CINA COVA」と言えばその店づくりに特徴がある。売り場は単なるファッション衣料のショップではなく、「海に特化した衣・食・住・遊のトータル提案業」のコンセプトのもと、「ゆっくりとコーヒーを飲みながら、ウェアを選んだりクルージングやマリンスクールの情報・申し込みも簡単に出来、更に海辺のレストランやインテリアなどの情報も提供」するマリーンライフスタイル全般の情報発信基地を目指している。
また従来は高級ブランドである為、若年層には敷居が高いところもあったが、誰にでも気軽に立ち寄れる店づくりに徹し、「モノ」を売る単なるショップではなく、「コト」を提供するマリンライフスタイルショップへと形を変えてきた。

2. 感謝と感動プロジェクト

また、同社は社員育成にも力を入れている。月に一回の全社員が集まる勉強会はもちろん、優良企業の会社見学を年に2回実施。「感謝と感動プロジェクト」ではお客様に感動していただくことにテーマを絞り、社員が自発的にディスカッションをする機会を設けている。

3. 独自の販売方法

海と船に特化し、衣食住遊のマリーンライフスタイルの提案を卸先としては大型客船の船内、ヨットハーバー内ショップ、スポーツショップ、都市部では、服飾専門店、フランチャイズ点4店舗、直営店舗は全国で10店舗、ネットショップでライフスタイル提案及び販売をしている。

4. 環境保全への取り組み

海をコンセプトの医療を扱ってきて経緯から、海洋環境の保全に配慮し取り組むため、漁網や木造船の再活用をスタート。漁網からTシャツ、廃材からアクセサリー小物等を創っている。

こうした様々な取り組みによって服地卸業からアパレル業へ、そしてそのアパレル業を単に「モノ」を売るだけの世界から「コト」を売るライフスタイル事業へと変化させ、見事に時代の変化に適応してきた会社である。